Home 活動 主要施設

主要施設

image

シンボル造形物

キョレの家(民族の家)
image 独立記念館の象徴であり、中心記念ホールの役割を務めている建物。長さ126m、幅68mのサッカー場ほどの大きさで、高さは45mと15階建てのビルに至る東洋最大の瓦葺の家だ。
不屈の韓国人像
image キョレの家、内部大型ホールの中央にある。愛国愛族の念を湧き上がらせる記念館を象徴する造形物で、不屈の独立精神と強靭な韓国人像を象徴している。1つの重さが3 – 4トンほどの花崗岩を274個積み上げ、一つの群像を造った丸彫だ。ほとばしるように蒼空に向かって進む姿勢をとっているのは、白頭山の精気を受けた韓民族の自主と独立、人類平和と繁栄に向かう不屈の精神を表したものだ。背面の中央には白頭山の頂上にある天池がレリーフされている。
キョレの塔
image 民族の飛翔を表現したキョレの塔は、大地を蹴って空に飛び立つ鳥の翼を表現すると同時に、祈りをささげる両手の様子を形象化したものだ。過去と現在、未来にわたる永遠不滅の民族精神を表象し、民族の自主・自立に向けた意思が込められている。正面と背面にムクゲと太極旗の躍動するレリーフがあり、塔の内部には青龍・白虎・朱雀・玄武の四神を象徴するモザイク彫刻が四面を飾っている。高さ51mの大型造形物だ。
朝鮮総督府撤去部材展示公園
image 日帝の残滓を清算し、民族の精気回復のため、1995年8月15日に光復50周年を迎えて撤去された朝鮮総督府。その部材を用いて、1998年8月11日に恥辱の歴史を教訓にしようと造成された。
統一の鐘
image 高さ2.9m、重さ8.6トン。「統一念願の丘」にある。この統一の鐘は、現存する韓国の銅鐘の中でも最も古くて美しいと言われている江原道五台山の上院寺の銅鐘をモデルにして造られた。
詩・語録碑
image 韓国人の良く知っている偉人が独立と愛国について残した名言が収められている。一行一行石に刻まれた文章には、国家と民族を愛し、また未来を憂慮した偉人の心が惜しみなく収められている。主な詩碑および語録碑には丁若鏞、李舜臣、崔益鉉、申采浩、金九、安重根、李承晩などがあり、全98基の語録碑が立てられている。
追慕の場
image 先烈の高貴な志を称え、キョレの永遠の繁栄を誓う空間。独立記念館の最上段に位置しているこの場所は、幅105m、高さ3 – 7mのレリーフが屏風のように取り囲んでいて、中心に石の祭壇と絶え間なく湧き上がる噴水がある。レリーフの両側には烽火台が設置されている。
広開土大王碑模型
image 民族史の系統を確立し高句麗人の精神を示すべく、キョレの大広場に広開土大王碑を再現した。6.4mの巨大な大きさで、四面に1,800字余りの文字からなる碑文が彫られている。
太極旗ハンマダン
image 2005年光復六十周年を記念し、独立した日にちなんで八百十五個の太極旗を?場に?揚した。今は独立紀念館の名物になっている。
ミレニアムの森
image 南北統一と民族和合の願いを込め、新しい千年の最初の年である2000年の植木日(4月5日)に造成が完了した場所だ。地球環境を守る木と森の重要性を知らせるための場所でもある。韓半島の形をした土地に、各市・道を代表する自生植物36種、1万本余りを植栽した。平和の広場、白頭デガンギル、韓国の野生花畑、展望台など、敷地が広いだけに見どころも豊富だ。

休憩施設

白蓮池
image 蓮の葉が壮観をなす白蓮池の憩いの場は、黒城山の山頂から流れてきた水が溜まっている大きな池だ。湖と自然石が調和して静かな情趣を醸しだしている池の片隅の木陰で自由に一休みでき、観覧客にとって素晴らしい憩いの場になっている。
松林運動場
image 面積は9,600m2、収容人員約700人で、団体や家族連れの野外レクレーション、団結大会などの行事が行えるよう、芝生の広場として造成された。サッカー、バレーボール、バスケットボール、シルム(韓国相撲)などができ、給水場、シャワー、トイレが備えられている。3月から11月まで利用できる。
キャンプ場
image 72,237㎡の広さに造成されている自然に優しいキャンプ場です。シャワー施設、体育施設などを備えており、家族連れの観覧客に人気の高い空間です。
メープル遊歩道
image 独立紀念館を囲んでいる3.7kmの紅葉の道で、韓国の秋の景色を感じていただける最高のコースです。

教育施設

パルグンヌリ敎育館
image 韓民族の自由と独立を照らした光であり、共に生きていく明るい世界を照らす光という意味を込めたパルグンヌリ館は、「光を多用した建物」というテーマで建てられた。各空間は、光を充分に取り入れた独創的で個性あふれる形をしている。面積は1,426.79m2で、大講堂、講義室、体験学習室、分任討議室、同時通訳室、休憩空間などの施設を備えている。
独立軍体験学校
image 最初の独立運動基地だった新興武官学校を模した歴史体験教育施設。面積は433m2で、独立軍体験ホールと、講義や討論などのプログラムが行われる2 ヶ所の教育室、便宜施設で構成されている。